倫理委員会

役員の処分について

一般社団法人大阪府トライアスロン協会(以下「OPTA」という。)は、下記のとおり処分を行いましたので公表いたします。

【被処分者】
OPTA役員(50歳代 男性)

【処分内容】
1.審判資格の更新推薦を令和4年4月1日から4年間行わない。
2.OPTAにおける公的活動に令和4年4月1日から4年間関与させない。

【事案の概要】
被処分者は、令和 2 年度大阪城トライアスロン組織委員会の実務者会議において、他の役員に対し、威圧的な態度と発言をしたことにより、その役員に精神的苦痛を与えた。この行為は、一般社団法人大阪府トライアスロン協会倫理コンプライアンス規程に該当する重大な秩序違反であるハラスメント行為であると倫理委員会おいて認定され、理事会で承認された。

 令和4年9月1日

一般社団法人大阪府トライアスロン協会
会長  山本 富造 

投稿日:

Copyright© Osaka Prefectural Triathlon Association , 2022 AllRights Reserved Powered by micata2.